Delicious Revolution "We are what we eat あなたの人生をもっと明るく!楽しく!元気に!"

白米や甘いものを食べ過ぎると、、、、2016.12.19

よく白ごはんが好きで、辞められないというお話を聞きます。
私も辞められません。。。

お米LOVE!!
甘いものLOVEです!!

 

 

でもこればかり食べていると不足する栄養素があります。

①ビタミンB1
〈役目〉

疲労回復のビタミンと呼ばれるビタミンB1は、
炭水化物や糖質をエネルギーに変換するのに不可欠な存在です。
脳の原動力であるブドウ糖をエネルギーに変える主力として働きます。

またエネルギーを作り出す過程でできた乳酸は、
肝臓や腎臓に運ばれてブドウ糖に転換され、
エネルギーとして使われますが、乳酸のエネルギー転換に必要になってくるのがビタミンB1です。

ビタミンB1が不足すると乳酸が蓄積されたままなので、
だるさや倦怠感などを感じてしまいます。
脳は末梢神経をつかさどる指令塔ですが、
この脳のエネルギーはブドウ糖です。

ブドウ糖を作り出すにはビタミンB1が必要なので、
欠乏すると足がしびれたり、運動能力が低下するという症状も現れてきます。

ビタミンB1の欠乏でもっともひどい症状は脚気です。
全身の倦怠感や、手足が重くなったりむくんだりといった症状です。また、
脳へのエネルギー不足は精神的な不安定をも引き起こしてしまいます。

ビタミンB1は、脳の精神安定の源です。
疲労とストレスが蓄積されている人は、特に摂取してほしいものです。

最近では、脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きがあることから、アルツハイマー病にも効果があるとの報告も寄せられている注目の栄養素なのです!

注意事項★

ビタミンB1は余分に摂取しても水溶性のビタミンであるため、
必要な分量以外は排泄されてしまいます。
体の組織や器官内にたまることはないため、副作用や毒性はありません。しかし、清涼飲料水などを大量に飲むと、

糖質の代謝が過度に行われ、ビタミンB1が欠乏する場合があります。

甘いものを過度に摂り食欲不振になるのは、一時的なビタミンB1欠乏といえます。


次回も白米とお菓子を食べ過ぎると欠乏してしまう
栄養素のお話をさせて頂きます^^

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top